ボクとフィリピン ~in Cebu Island~

 

 

 

7月のフィリピンは雨季のため高温多湿でかなり蒸し暑い。

 

 

 

 

雨季といっても一日中雨が降るわけではなく、一時的に激しい雨が降る。

 

 

 

 

 

これぞ南国名物スコール!

 

 

 

 

 

午前4:00に自宅を出て松山空港、羽田空港、成田空港を経由して

 

 

 

 

フィリピンの マクタン・セブ国際空港 に到着したのは同日の午後18:40。

 

 

 

 

この時の日本時間は午後19:40。

 

 

 

 

時差はちょうど1時間だ。

 

 

 

 

そして夕飯は滞在中お世話になるホテル

 

 

 

 

 

【シャングリ ラ マクタンリゾート&スパ】で頂いた。

DSC_0123

DSC_0126DSC_0120

 

シャングリ ラ マクタンリゾート&スパ 

 

 

 

 

 

移動疲れもあったので、その日の二次会は近くのお店でアルコール補給をして終了ぉー。

 

 

 

 

後で説明しますが、セブ島には銃を所持した警察官がいたるところに

 

 

 

 

配備されています。

 

 

 

 

日本の警察官も銃を所持していますが、まったくモノが違う。

 

 

 

 

 

もっとデカくてイカツイやつを持ってます!

 

 

 

 

 

しかも尋常ではない数の警察官。。。

 

 

 

 

足を止めてグルッと周囲を一周見渡せば何人もの武装した警察官らしき人が目に入る。

 

 

 

 

そして銃を装備した警察官はホテルの入り口、トイレ、銀行、時計店、宝石店には

 

 

 

 

ほとんどいました。

 

 

 

 

また、デパートの入り口は制限され、空港並のチェックをされました。

 

 

 

 

金属探知機で銃を持っていないか調べられ、カバンもチャックを開けて

 

 

 

 

中身を確認してもらわないと中に入れません。

 

 

 

 

店内にも銃を装備した警察官が。。

 

 

 

 

また、犯罪多発地域ではライフルを肩にかけた警察官がたくさんいました。

 

 

 

 

それが治安の悪さを物語っていました。

 

 

 

 

ボクが想像してた以上の緊張感がその街にはありました。

 

 

 

 

後から知ったことですが、

 

 

 

 

 

銃を装備している人 = 警察官

 

 

 

 

 

ではなく、単なるガードマンも銃を装備しているとのこと。

 

 

 

 

だからボクが見たのはガードマンだったのかも。。

 

 

 

 

ボクが宿泊しているホテルの入り口もかなり厳重な警備。。。

 

 

 

 

シェパードもやってきた。。。

 

 

 

 

>

 

 

 

 

フィリピンは残念ながら銃社会。

 

 

 

 

違法ですが一般の人も容易に銃を入手できるみたいです。

 

 

 

 

道中見つけたコンビニに立ち寄ろうとした時も、

 

 

 

 

現地のガイドさんに今はとても危険だから行くなと言われ諦めた。

 

 

 

 

コンビニ自体が危険という訳ではなく、周辺でうろついている集団が危ないらしい。

 

 

 

 

銃を所持しているケースも少なくないとのこと。

 

 

 

 

銃はお嫁ちゃんとオバケの次に怖い。

 

 

 

 

今はあきらめよう。

 

 

 

 

しばらく走るとまたコンビニを発見!

 

 

 

 

 

 

 

今度こそ!

 

 

 

 

 

 

 

買うぞ!

 

 

 

 

 

 

 

キンキンに冷えたアイツ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビアー!

 

 

 

 

 

 

 

しかしここでもガイドさんの表情が険しい。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘイヘイ!

 

 

 

 

 

どうしたんだbrother!

 

 

 

 

 

行こうぜー!

 

 

 

 

 

 

 

 

と言いたかったが、ここで空気を読めない奴に命の保証はない。

 

 

 

 

自慢のカワユイお口にチャックをした。

 

 

 

 

すると、運転手の現地ガイドさんが車を降りた。

 

 

 

 

それに続くように助手席の現地ガイドさんも車を降りた。

 

 

 

 

座ってたから気付かなかったが、現地ガイドさんってば・・・結構ゴツイ。

 

 

 

 

さすがマニーパッキャオを輩出した国だ。

 

 

 

 

 

 

フィリピンで一番の有名人。

 

 

 

 

 

 

日本の男子も大好きだろー?

 

 

 

 

 

 

ボクもマニーパッキャオのDVDは何枚か持っている。

 

 

 

 

女性の方は知らない人もいるかも。。。

 

 

 

 

マニーパッキャオはメッチャ強いプロボクサー。

 

 

 

 

 

 

フィリピンの英雄。

 

 

 

 

 

 

そして、現地ガイドさん2人に警護されながら不安の中買い物を済ませた。

 

 

 

 

コメディ風に表現したが、

 

 

 

 

ホントに怖かった。。。

 

 

 

 

 

 

いろんな想いを胸にセブ島滞在が始まる。。。

 

 

 

 

 

 

 

翌朝、部屋の窓を開けて感動!

 

 

 

 

DSC_0133

 

 

 

 

 

 

かなりキレイだ!

 

 

 

 

 

 

暑いけど。。。

 

 

 

 

 

 

そしてホテルを散策。。

 

 

 

DSC_0161

DSC_0160

DSC_0162

 

 

 

めっちゃ雰囲気ええやん!

 

 

 

 

 

 

暑いけど。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日はいろんな所を散策する予定だ。

 

 

 

 

 

 

暑いけど。。

 

 

 

 

 

 

とりあえず、何枚かパシャっ!

 

 

 

DSC_0137DSC_0141DSC_0148DSC_0151DSC_0155DSC_0157

 

 

 

 

セブ島(たぶんフィリピン全土)での移動手段は主にジプニーという

 

 

 

 

乗り合いバスだそうです。

 

 

 

 

いたるところで見かけました。

 

 

 

 

これがジプニーです。

DSC_0195

DSC_0135

DSC_0149 (1)

 

 

 

 

 

これはジプニーではありません。⇓

DSC_0189

 

 

 

 

 

 

 

市内は車やバイクがめっちゃ多い。

 

 

 

 

だけど信号がないことに驚いた。

 

 

 

 

車線はあるけど関係なし。

 

 

 

 

横断歩道もあるけどただのアート。

 

 

 

 

ウィンカーをつけるのはその日の気分。

 

 

 

 

意思表示はクラクション。

 

 

 

飛び出し突っ込みあたりまえ。

 

 

 

 

歩行者優先でもなければ車両優先でもない。

 

 

 

 

自分優先

 

 

 

 

とにかくスリル満点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

して慣れない食生活からか少し体調をくずしてしまった。

 

 

 

 

デパートで買い物中にお腹が痛くなり、小走りでトイレへ!

 

 

 

 

すると、後ろから若手の同行者が

 

 

 

 

村上さんっ!紙ありますか?

 

 

 

 

へっ?

 

 

 

 

紙?

 

 

 

 

紙はトイレにあるやろ。。。

 

 

 

 

と思いながらも

 

 

 

 

ありがとう

 

 

 

 

と差し出されたポケットティッシュと赤ちゃん用のおしりふきを

 

 

 

 

受け取り再びダッシュ!

 

 

 

 

新居浜市にあるイオンモールの1.5倍ぐらいのショッピングモールなのに

 

 

 

 

トイレが少なすぎる!

 

 

 

 

上へ下へと走り回ってやっとたどり着いた。

 

 

 

 

入って右側に小便器が7つほどあり、その後ろに大便器が備わってるだろう

 

 

 

 

小部屋が5つぐらいあった。

 

 

 

 

ロックの表示はすべて青!

 

 

 

 

ラッキー!

 

 

 

 

全部空いてるやん

 

 

 

 

とりあえず一番端の小部屋に入ろうとするも、押しても引いてもドアが空かない。

 

 

 

 

壊れとんか?

 

 

 

 

あきらめて隣のドアに手を伸ばすも同じく空かない。

 

 

 

 

3番目も同じ!

 

 

 

 

 

 

 

実は横にスライドさせるタイプのドアだった。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というオチではない。。。

 

 

 

 

だんだんイライラしてきたのでガチャガチャやってると、いないハズの

 

 

 

 

小部屋からかすかに聞こえた。

 

 

 

 

ぷすゥゥ〜
 

 

 

 

 

日本で言うところのすかしっ屁だ。

 

 

 

 

 

 

 

えっ!?

 

 

 

 

誰かおるやん!?

 

 

 

 

と思ったと同時に一番端のトイレから若いお兄ちゃんが出てきた。

 

 

 

 

まさかと思い入る前にロックの確認をした。

 

 

 

 

やっぱり。。。

 

 

 

 

ロックしたらブルー表示かよ。。。

 

 

 

 

赤ぢゃねーの?

 

 

 

 

マジか。。。

 

 

 

 

これは全世界共通にして欲しいと切に願った。

 

 

 

 

 

 

 

少し汚れているが、普通の水洗トイレだった。

 

 

 

 

ただ、備え付けのトイレットペーパーはない。

 

 

 

 

紙切れとかではなく、

 

 

 

 

カラカラするやつも取り付けられていない。

 

 

 

 

紙は持ち込みスタイルみたいだ。

 

 

 

 

そして便座に腰を下ろした。

 

 

 

 

握った手の中にはポケットティッシュとオシリ拭き。

 

 

 

 

 

少しひんやりしたおしりふきには今にもカブリつきたくなるような

 

 

 

 

赤ちゃんの桃尻のイラストが描かれていた。

 

 

 

 

ってかちょっとこのトイレ、

 

 

 

 

異常に臭う。。。

 

 

 

 

原因は横にあるごみ箱のようだ。日本みたいに紙は流さないようだ。

 

 

 

 

使用済みティッシュはごみ箱直行。

 

 

 

 

しかもフタもない。

 

 

 

 

どうりで臭うハズだ。。。

 

 

 

 

でもこれが文化。。

 

 

 

 

日本では蕎麦うどんをズルズルとすすって食べるのが文化でありマナー。

 

 

 

 

だが、来日した外国人は口を揃えてその行為をやれ下品だのやれマナー違反だのと

 

 

 

 

避難する。。。

 

 

 

 

日本に来て日本の文化を否定してほしくはない。。。

 

 

 

 

それと同じで使用済みのティッシュを流さず備え付けのごみ箱に捨てるのも

 

 

 

 

国の文化であり、とやかく言うつもりはない。

 

 

 

 

 

 

 

だけどロックの色はそろえよーよ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピンはかなり楽しい国だ。

 

 

 

 

人も陽気でニコニコしている。

 

 

 

 

そして、ボクは現地の人とお話する機会があったので3時間ぐらい互いの国のことや文化

 

 

 

 

についておしゃべりをした。

 

 

 

 

その人はフィリピンの公用語であるタガログ語をはじめ、英語、日本語も話せる

 

 

 

 

スゴい人だった。

 

 

 

 

フィリピンのお金持ちのボンボンかと思っていたが実際は真逆だった。

 

 

 

 

貧困の中を力強く生き抜いてきた人だった。

 

 

 

 

ボクの人生観が変わった。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

人のものを盗んではいけません。

 

 

 

 

あたりまえのこと。

 

 

 

 

だけど皆さん想像してみてください。

 

 

 

 

自分が仕事もお金もなく何日も飲まず食わずで、子供たちに食べさせる米もない。
 

 

 

 

 

家族が空腹で辛くひもじく、死をも覚悟しなくてはいけない過酷な状況に

 

 

 

 

立たされた時も、人のものは絶対盗まないと約束できますか?

 

 

 

 

誓えますか?

 

 

 

 

病気で死に行く我が子をただただ黙って見てるだけなんてできますか?

 

 

 

 

見るからに裕福な観光客がいたらカバンを盗むかも知れない。

 

 

 

 

お金を騙しとるかも知れない。

 

 

 

 

食べ物を買うために。。。

 

 

 

 

子どもの薬を買うために。。

 

 

 

 

すべては生きるために。。。

 

 

 

 

誰がこの人を責めらるのでしょうか?

 

 

 

 

決して犯罪を肯定したり助長している訳ではありませんが、ただ本当に

 

 

 

 

考えなければいけない問題は盗んだことではなくその背景にあるということです。

 

 

 

 

いろんな意味で守られた裕福な日本にいると

 

 

 

 

人の物を盗むってホント悪い奴おるなぁー!
 

 

 

 

 

と思いますが、現地で一歩踏み込んだ現状を見たら簡単にそんな事は言えません。

 

 

 

 

それがフィリピンの貧困層の現状です。

 

 

 

 

観光客が現地でトラブルに巻き込まれるケースもあるみたいですが、

 

 

 

 

それは面白半分で危険地域に行ったり、ガイドさんの忠告を無視して

 

 

 

 

単独行動をした場合に多いらしいです。

 

 

 

 

ちゃんとルールを守って行動すれば、フィリピンは自然豊かでとても

 

 

 

 

素晴らしい観光地です!

 

 

 

 

これから行く予定の人がいたらコレだけは覚えといてください。

 

 

 

 

 

 

ティッシュ持参でロックはブルー!
 

カテゴリ:3代目“村上”の◆たまに更新ブログ◆